エンタ族

    カテゴリ: ニュース

    33



    1: 名無し@エンタ族 2017/08/30(水) 16:13:37.08 ID:CAP_USER9
     女優、真木よう子(34)が29日、自身のツイッターアカウントを削除した。ツイッターは同日、
    アカウント名が「????騙された????」と謎の文言に書き換えられ、非公開設定がされていた。
    午後3時時点で@makiyokohonninのアカウントは、消えている。

     真木は25日に、クラウドファンディングサイトで、自身のフォトマガジンを制作する上での
    金銭的な支援を求めるページを立ち上げた。その、完成したフォトマガジンを冬コミで頒布
    (はんぷ)するとしていたが、その手法に対して批判が相次いだ。

     28日には「8月12日の夏のコミケに行って会場を見ただけで、コミックマーケットの昔からの
    ルールや、マナー等、一切勉強をせず安易な気持ちで応募してしまいました」と謝罪していた。

     真木は6月28日にツイッターアカウントを開設。相互フォローとなったファンと
    ダイレクトメッセージ機能で直接やりとりをするなど、親近感が湧く接し方で話題となっていた。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-00000529-sanspo-ent

    ※前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1504022996/

    引用元: 【芸能】真木よう子のツイッターアカウントが非公開→削除に ★44

    【【迷走】真木よう子のツイッターアカウント非公開→削除に……】の続きを読む

    54



    1: 名無し@エンタ族 2017/08/30(水) 19:16:07.25 ID:CAP_USER9
    8月20日、「世田谷パブリックシアター」で行われた公演「日野皓正 presents “Jazz for Kids”」。
    このコンサートは世田谷区教育委員会の主催で、区が取り組む「新・才能の芽を育てる体験学習」の一環だ。

    「約600人が入る会場はほぼ満席。中学生の演奏が始まると、会場は大いに盛り上がりました。
    アンコールの後半、ソロタイムで、舞台の隅にいた日野さんが、ドラムを叩く男の子に歩み寄って体罰を加えた。
    私を含め参加者は、あまりに突然のことで何が起こったのか、理解できませんでした」(参加者)

    毎年、公募で区内の中学生が集められ、4カ月間、日野氏をはじめとした数名の講師のもとで、練習を積む。
    そして8月のコンサートで、その成果を発表する。
    日野氏は第1回目から、この中学生バンド「ドリームジャズバンド」の指導にあたっている。

    別の参加者はこう困惑する。

    「お金を払って観にいったのに、連れて行った自分の子供があんな暴力行為を見せられてしまった。
    子供から『あのおじさんは何で子供を叩いているの?』と聞かれましたが、うまく説明できませんでした」

    「週刊文春」取材班は、コンサートの模様を撮影した映像を入手。
    ドラムを叩く中学生の髪を引っ張り回した後、往復ビンタを浴びせる日野氏の姿を確認している。

    世田谷区教育委員会は「週刊文春」の取材に、次のように文書で回答した。

    「コンサート終了後、日野氏から、その子どもに話しかけて、子どもも了解していたとの事です。
    なお、教育委員会からは、今回の件について委託先の『せたがや文化財団』に、(日野氏の)行過ぎた指導についての対応を要望しました」

    現在海外に渡航中という日野氏には、所属事務所の担当マネージャーを通じて取材を申し込んだが、締め切りまでに回答はなかった。
    当日会場にいた保坂展人世田谷区区長も期日まで取材に応じることはなかった。

    http://bunshun.jp/articles/-/3929

    ■ 前スレ(1が立った日時:2017/08/30(水) 16:17:14.42)
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1504084512/

    引用元: 【週刊文春】世界的トランペッター・日野皓正が中学生の髪を引っ張り回し、往復ビンタを浴びせる★4

    【【真偽】世界的トランペッター日野皓正、中学生の髪を引っ張り回し往復ビンタ→その理由が…】の続きを読む

    horie-takafumi2-1



    1: 名無し@エンタ族 2017/08/29(火) 09:04:56.81 ID:CAP_USER9
    北朝鮮からミサイルが発射された模様と、政府が全国瞬時警報システム(Jアラート)で速報しました。政府発表によると日本上空を通過の模様です。


    [T] マジでこんなんで起こすなクソ。こんなんで一々出すシステムを入れるクソ政府


    http://horiemon.com/news/2017/08/29/63464/

    ★1:2017/08/29(火) 06:58:05.92
    前スレ
    https://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1503957485/

    引用元: 【北ミサイル】ホリエモン、Jアラートにぶちきれ 「マジでこんなんで起こすなクソ政府。」★2

    【北朝鮮ミサイルのJアラートで起こされたホリエモン激おこ「マジでこんなんで起こすなクソ政府」wwwwwwwww】の続きを読む

    makiyouko



    1: 名無し@エンタ族 2017/08/29(火) 01:56:24.34 ID:CAP_USER9
    女優の真木よう子(34歳)が8月27日、今冬の「コミックマーケット93(コミケ)」への参加表明が炎上状態になったことについて、自身の想いをFacebookで告白。
    関係者やコミケ参加者などに謝罪し、参加を見送ることを明かした。

    真木はクラウドファンディングを利用して資金を集め、フォトマガジンを作り、コミケの場で「1冊ずつ手売り」したいとの意向を表明。出資も始まり、
    順調なペースで出資者が増えている(※目標800万円に対し、8月28日午前7時時点で500万突破)。

    しかし、ネットではすぐに「なぜコミケで?」「資金を集めてコミケで売るのは違うのでは?」「芸能人ならファンイベントやればいいのに」などの指摘や
    意見が相次ぎ、炎上状態に。

    こうした事態を受け、真木は自身の想いを長文で告白している。全文は次の通り。

    ※※※ ※※※ ※※※

    ワタクシの気持ちを皆様に、キチンと私自身の言葉で皆様にお伝えさせて下さい。

    先ず、今回、コミックマーケットを選んだ
    理由ならば以下の通りです。

    私の様な所謂「有名人」や「芸能人」は、皆様に画面越しででも、紙面越しででも、規制が入ってしまいます。
    其れは、芸能事務所に所属していれば当たり前の事であって。

    しかし、本当に己が良いと思うものにまで規制がかかり
    皆様にお見せ出来ないフラストレーションを、正直抱えていました。

    そんな折、コミックマーケットと、いう自分で好きな物を作って、皆様にお渡しできる場がある事を知り、
    是非。応募しようと思ったのです。

    しかし、今回の一連で最も責任を負うべきなのは、私です。
    8月12日の夏のコミケに行って会場を見ただけで、コミックマーケットの昔からのルールや、マナー等、一切勉強をせず
    安易な気持ちで応募してしまいました。

    私はTwitterを、始めて、
    ただ自身の本音やらを上げていただけなのに。何かしら皆様からの見返りなんて初めてから今迄求めていませんでした。
    だけど、私は今、間違いなく
    このTwitterにいる方々に救われているし無償の愛。応援を沢山、沢山貰いました。
    だから。皆様に会いたい、会って笑顔で御礼を申し上げたい。

    その気持ちが大きくなり過ぎ、
    その場所をコミックマーケットに選んでしまったのです。
    これが、大きな間違いで、
    コミックマーケットを愛する皆様からお叱りを受ける事は当たり前でした。

    ファンイベントか、別の場所で出来ないのですか?
    と、言われます。
    しかし、女優という職業は、事務所の方針もあり、ファンクラブを自ら作る事は出来ず、故にファンイベントの様な催しは出来ないのでした。

    なので、コミックマーケットでお会い出来たらと思ってしまいました。
    しかし、そもそも主旨が違うし
    コミックマーケットでやるべきではないと指摘されるのは当たり前でした。

    そもそも、コミケも、クラウドファンディングも知らず、そこから生まれる批判を予測できなかった

    全ては、全ての事に対し、無知な私の責任です。

    醜態を晒し申し訳ありませんでした。

    しかしながら、許されるのであれば、私を応援して下さる方々がいる以上

    全てを無しにする事は、応援して下さっている皆様に申し訳がつかないので

    クラウドファンディングで、「一緒に作品作りが出来る」と、捉えて下さる方がいるのであれば、フォトマガジンは、皆様と共に作り上げ、コミケではなく。
    皆様へ届く様にしたいです。

    そして
    コミックマーケット様。

    並びにコミックマーケットを愛していらっしゃる方々。参加している方々。に、
    深く謝罪を、申し上げます。
    この度は、

    軽い気持ちで参加を希望してしまったを
    深く謝罪を申し上げます。
    誠に誠に
    申し訳有りませんでした。

    真木よう子

    ※※※ ※※※ ※※※

    http://www.narinari.com/smart/news/2017/08/45431/all#more

    ※前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1503919597/

    引用元: 【芸能】炎上の真木よう子が謝罪、コミケは参加せず ★5

    【【悲報】真木よう子、コミケ参加を断念し謝罪wwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    E4B88AE58E9FE5A49AE9A699E5AD90



    1: 名無し@エンタ族 2017/08/28(月) 08:53:44.29 ID:CAP_USER9
    上原多香子(34)が芸能活動を無期限で休業することを発表。『女性セブン』(小学館)で俳優の阿部力(35)とのW不倫が報じられたことが大きな要因とみられているが、この対応には厳しい声が殺到している。というのも、この不倫が夫で2014年に自ら命を絶ったヒップホップグループ・ET-KINGのTENNさん(享年35)の死の理由に関わっているとみられているからだ。

    「これまでは31歳(当時)で夫を亡くし、未亡人となった上原に同情する声がほとんどでした。しかし今回で、完全にTENNさんを自殺に追いやってしまった“不倫女”というイメージが定着してしまったため、『裏切られた』という思いを抱くファンも多かったのではないでしょうか。今回の休業も逃亡同然であり、このまま芸能界からフェードアウトするのが濃厚だと言われているほどです」(芸能記者)

     今年5月には、演出家のコウカズヤ氏(40)との交際が報じられていた上原。こうした数々の男性との噂があるだけに、世間には自由奔放なイメージを決定づけてしまったようだ。

    ■報道しない理由はTENNさんにもあり?

     またネット上では、今回の上原の不倫について、テレビの芸能ニュースで全く取り上げないことに疑問の声が飛んでいる。

    「大枠を報じた番組はあったものの深堀りした番組は皆無。今回の件はTENNさんが亡くなっているので、ワイドショーで取り上げるには重すぎるという声もあった。さらに輪をかけて、上原の所属事務所が芸能界でもかなり力を持っていることもあり、テレビ局側が”忖度”したという話もある」(前出・芸能記者)

     さらにこの件があまり触れられない理由には、TENNさんの死にも原因があるのではないかと言われている。

    「TENNさんの自死は上原の不倫が影響しているとの見方が強くなりましたが、ほかにもTENNさん周辺の関わりに不透明さがあり、それに配慮しているとも。その辺りが整理されていないため、多くのワイドショーが送ったという経緯がある」(同・記者)

     TENNさんの自殺当初、一部では上原との収入格差に原因があったとも言われていた。そして今回自身の遺書により、上原の不倫が理由にあることが明らかになった。今後、どう騒動はどう収束していくのだろうか。まだまだ目が離せないようだ。

    2017年8月28日 7時5分 デイリーニュースオンライン

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13529926/

    引用元: 【芸能】<上原多香子の”不倫騒動”>このまま収束か?テレビが取り上げなかったワケ。報道しない理由はTENNさんにもあり?

    【【大人の事情】上原多香子W不倫騒動をTVが取り上げない理由。それは…】の続きを読む

    joji



    1: 名無し@エンタ族 2017/08/26(土) 06:33:31.51 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3140305?act=all

    【8月24日 AFP】21日に「皆既日食」がほぼ100年ぶりに国土を横断した米国で、ラッパーのジョーイ・バッドアス(Joey Bada$$)さん(22)が、広く呼び掛けられていた警告を無視して、観察用グラスを用いずに日食を凝視した結果、視覚異常を訴えて公演をキャンセルした。

     米ニューヨーク(New York)・ブルックリン(Brooklyn)出身で、「Unorthodox(型破り)」というタイトルのシングル曲でデビューしたバッドアスさんは、日食観察用グラスをかけずに空を見つめる自身の画像をソーシャルメディアに投稿。

     バッドアスさんはツイッター(Twitter)に「これは初めての日食じゃない。間違いなく先祖たちは手の込んだメガネなんて持ってなかったし、全員目が見えなくなることなんてなかったはずだ」とツイートした。

     だがその後、バッドアスさんは「予見しなかった状況」のためにクリーブランド(Cleveland)、シカゴ(Chicago)、カナダのトロント(Toronto)で行われる予定だった3公演をキャンセルすると発表し、自身の視覚に問題があることを示唆した。(c)AFP

    2017/08/24 17:34(ニューヨーク/米国)

    引用元: 【音楽】 日食を裸眼で見つめた米ラッパー、視覚異常訴え公演キャンセル

    【【悲報】日食を裸眼で見つめた米ラッパー、視覚異常を訴え公演をキャンセルwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無し@エンタ族 2017/08/26(土) 10:41:00.32 ID:CAP_USER9
    24日、タレントの「はるかぜちゃん」こと春名風花が、自身のブログで戦争についての持論を綴った。

    春名は「死にたくないし寿命を超えても永遠に生きていたい」というタイトルでブログを更新。
    11日放送の「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)での、ウーマンラッシュアワー・村本大輔を「最強反戦芸人」と表現した記事を引用し「『反戦芸人』って見出し、なんとなくやだな」と切り込んだ。

    春名は「戦争なんてしたくないのはみんな同じ」「ほかの芸人さんが『戦争賛成芸人』みたいにもきこえる」と苦言を呈す。
    一方で、春名は「村本さんが朝生で『国よりも自分が好きなので戦争には行きません』って言ったことについて」と、村本の意図を推察していく。

    春名は、村本が言う「国」は「戦争しよう!と決める偉い人たち、すなわち国家のことだとおもう」「つまり『国の偉い人たちより自分が好きなので戦争には行きません』」と、村本の発言を解釈したうえで「え、めっちゃ普通の意見じゃん」と指摘する。
    村本の考え方に怒りを覚える人々がいることに関しても「何となく、理解できる」としたうえで、本当に戦争がはじまったとき「国の偉い人たちって、どこでなにをしているんだろう?」と疑問を呈す。

    そんな春名は、「偉い人たち」から「このままでは日本が全滅です」「あなたたちの大切な家族や愛する人もみんな死んでしまうんですよ」「頼むからたたかってくれ」「外交に失敗したので助けてください」と言われた場合には「じゃあ、皆さんが前線に立ってください」と、みんなで言ってみたらどうかなと提案している。
    さらに春名は「偉い人たち」への厳しい指摘をしつつ、「とりあえず偉い人たちだけ安全な場所に逃げるのはナシってことでそれだけはお願いしたいなーって思います」とチクリ。
    「頑張って働いて税金払うので、偉い人たちは頑張ってこの国を守ってください」との訴えを綴っている。

    no title

    http://news.livedoor.com/article/detail/13522075/

    ■前スレ(1が立った日時:2017/08/26(土) 08:58:35.99)
    ★1:http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1503705515/
    ★2:http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1503704060/

    引用元: 【芸能】はるかぜちゃん「戦争になったら国家=国の偉い人たちが前線に立って戦ってください。自分たちは行きません」★3

    【はるかぜちゃん「戦争になったら国家=国の偉い人たちが前線に立って戦ってください。自分たちは行きません」wwwwwwww】の続きを読む

    rapture_20160523185418



    1: 名無し@エンタ族 2017/08/23(水) 07:40:55.78 ID:CAP_USER9
    ユーチューバー・ヒカル“売り逃げ”に専門家が詐欺罪の可能性を指摘
    source : 週刊文春 2017年8月31日号

     ネット上で仮想株式を売買するサービス「VALU」での、一連の“売り逃げ”騒動で炎上中のユーチューバー・ヒカル氏(26)。週刊文春の取材に対し、自身もユーチューバーで弁護士の久保田康介氏が「詐欺罪に問われる可能性もある」と指摘した。

    渦中のヒカル氏(同氏のツイッターより)

    「今回のケースは優待示唆が故意だったか否かが重要になります。ヒカルさんは優待示唆に関してスタッフのミスである旨の説明をしていますが、この反論が認められるかには疑問があります。被害額もそれなりになるので裁判になってもおかしくありません」(久保田氏)

     テキヤのクジに当たりが入っているかを検証した動画で有名になり、自身のユーチューブチャンネルの登録者が260万人を超える人気ユーチューバー・ヒカル氏。今回の騒動の舞台となったVALUでは、個人を株式会社に見立て、会社の株式のように個人が「VA」と呼ばれる“株”を発行し、仮想通貨ビットコインを使って売買することができる。

     8月10日、ヒカル氏は役員を務めるユーチューバー事務所「NextStage」のメンバーらと共にVALUへ“上場”。ツイッターやVALUの掲示板で、〈明日からvalu(バリュー)で動き出す予定!〉〈VALU保有者限定のオフ会orセミナー等をやる予定にしています〉などと、優待を示唆する内容を告知した。

     ヒカル氏のVAはすぐに高騰した。しかし、ストップ高になった15日、ヒカル氏らは保有する自身のVAを全て売却。数千万円の利益を得ることになったが、高値で“売り逃げ”したヒカル氏に批判が集中した。当初は強気の姿勢を見せていたヒカル氏も16日にはVAを最高値で買い戻すことを発表し、インサイダーではないことと、優待を設定するとは言っていないことを強調した。

     今回の件について、麻生太郎財務・金融相も記者会見で「消費者保護と新しいものを育てることの両方を考える必要がある」と述べており、事態の推移に注目が集まっている。

     詳細は8月23日発売の「週刊文春」で報じる。

    http://bunshun.jp/subcategory/57fdba817765611176000000

    ★2
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1503403079/

    引用元: 【文春砲】YouTuberヒカルの悪徳商法 あす発売の文春で詳細報道★3

    【ユーチューバー ヒカルさん、炎上中のVALU騒動でアレな繋がりが続々露呈中wwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無し@エンタ族 2017/08/21(月) 08:11:30.61 ID:CAP_USER9
    2017年08月20日 16時30分

     激太りで波紋を広げている歌姫マライア・キャリー(47)が自身のインスタグラムに恋人のバックダンサー、ブライアン・タナカ(34)とのラブラブなツーショットを投稿して、交際が順調なことをアピールした。

     写真は米国・ニューオーリンズでのコンサート中のもので、タナカにエスコートされてステージから降りるときのワンショットとみられる。

     たわわな巨乳といい、腰周りの分厚い肉付きといい、体重120キロと報じられているマライアのボディーは、まるで風船のようにパンパンに膨れ上がっている。だが、激太り写真をインスタグラムに投稿するぐらいだから、本人はあまり問題にしていないようだ。

     そんなマライアの手を握り、笑顔でエスコートするタナカ。マライアは13歳年下の恋人に支えられて満面の笑みを浮かべている。今回のツーショット公開は、激太りでも2人の愛は揺るがないことをアピールしたということか。

     マライアはオーストラリアの大富豪のジェームズ・パッカー氏(47)と昨年10月に破局。その原因になったのが、マライアの公演でバックダンサーを務めていたタナカだった。昨年11月からパパラッチにも隠すことなく公然とデートしていた。今年4月には破局を報じられたが、6月には復縁して、結婚秒読みとも言われている。

     マライアが激太りを取りざたされたのは今回が初めてではなく、過去に激太りと減量を繰り返してきた。2015年に100キロ超と報じられたが、同年11月の感謝祭パレードでは約20キロ減量したスリムなボディーを披露して話題になった。脂肪吸引など手術をしない特殊な美容施術で減量したといわれる。果たして今回も減量してスリムなボディーを取り戻せるのか注目される。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/737517/
    no title

    引用元: 【芸能】激太りマライア・キャリー 恋人とのアツアツ写真公開

    【激太りのマライア・キャリー、バックダンサーの彼氏とのラブラブツーショットを公開www】の続きを読む

    このページのトップヘ