エンタ族

    カテゴリ: 漫画・アニメ・特撮

    20170315-00000011-dramanavi-1-00-view-thumb-200x300-47124



    1: 名無し@エンタ族 2017/03/17(金) 06:53:02.97 ID:CAP_USER9
    http://dramanavi.net/sp/news/2017/03/post-5927.php

    フランク・オズ今年の暮れに公開される『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で、過去作品においてヨーダの声と操演を担当したフランク・オズが、再び同役を演じる可能性が浮上している。このウワサについて本人がコメントした。

    米Varietyのインタビューで、"新作であなたがヨーダを再び演じると報じられていますが?"と問いかけられたフランクは、「戦争捕虜になったような気分だよ。名前と階級と認識番号しか言えないのと同じさ」と返答。

    さらに、「この件については話さないように頼まれている、としか言えない。そう頼んできた人たちに対して誠実でありたいし、彼らは家族のようなものだからね。ヨーダは大好きだよ。許可が下りたら喜んで話すつもりだ」と続けている。つまりは肯定も否定もしていないわけだが、はっきりノーと断言しなかったのが気になるところだ。

    果たしてヨーダは登場するのか? 気になる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、12月15日(金)に劇場公開される。(海外ドラマNAVI)

    2017.03.16

    引用元: 【映画】 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ヨーダ登場?のウワサに、演じる本人は意味深コメント

    【【映画】「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」にヨーダ登場の可能性www】の続きを読む

    1: 名無し@エンタ族 2017/03/15(水) 00:53:19.20 ID:CAP_USER9
    http://www.oricon.co.jp/news/2087479/full/
    2017-03-15 00:00

    『うる星やつら』『めぞん一刻』などを生み出した漫画家・高橋留美子氏が、今月17日に発売する『境界のRINNE』35巻の発行をもって、コミックス全世界累計発行部数2億冊を突破することが14日、明らかになった。

    1978年に『週刊少年サンデー』にて『勝手なやつら』でデビューした高橋氏は、前述の作品のほか『らんま1/2』『1ポンドの福音』『犬夜叉』などを連載。
    多数がアニメ化・実写化され、男女を問わず幅広い世代から愛されてきた。

     大台達成を記念し、22日発売の『週刊少年サンデー』17号と25日発売の『サンデーS』5月号で特集を実施する。
    『少年サンデー』では、同誌では18年ぶりとなる完全新作読み切り『千年の無心』を2号連続で掲載。
    また、『タッチ』などを手がけてきたあだち充氏がラムちゃんを描くなど全29作家からの寄稿イラスト企画、高橋氏が仕事場で使用しているアイテムのプレゼント企画のほか、
    応募者全員サービス「特製大判トランプ(ヒーロー編)」の応募用紙などが付く。

     『サンデーS』では、伝説のデビュー作で『うる星やつら』の原案になった『勝手なやつら』を完全再現で掲載するほか、
    「歴代担当が選ぶ1ページ」や「るーみっくわーるどシール」、応募者全員サービス「特製大判トランプ(ヒロイン編)」などの企画を行う。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: 【書籍】高橋留美子氏、コミックス累計発行2億冊突破 伝説のデビュー作を完全再現掲載

    【【スゲェ】漫画家 高橋留美子、「境界のRINNE」35巻でコミックス累計発行2億冊突破!!!】の続きを読む

    1: 名無し@エンタ族 2017/03/11(土) 22:49:20.84 ID:CAP_USER9
    人気漫画「ベルセルク」の連載が再開されることが掲載誌「ヤングアニマル」で発表され、ファンを喜ばせている。

    「ベルセルク」は中世ヨーロッパに似た架空の世界を舞台にしたダークファンタジー。
    かつての仲間に裏切られた主人公が、復讐のため魔物たちと戦うというストーリー。
    1989年からスタートし、現在コミックスは38巻まで発売されている。

    「作者の三浦建太郎は緻密な書き込みをする作家で、もともと筆が遅いのに加えてベルセルクのゲーム化に関与したり、他の作品を書き始めるなどしたためベルセルクは頻繁に休載し、連載期間が長い割に物語が進んでいません。
    そのため、作者が生きているうちにちゃんと物語が終わるのか心配されています。三浦氏本人ですら心配しているほどです」(青年漫画誌編集者)

    そんなベルセルクがやっと再開するということで、ファンは胸をなでおろしている。
    月に1度の掲載で少しずつとはいえ、物語が進むからだ。
    ところが、いまひとつ安心できないという声が上がっているのも事実だ。

    「今回、ベルセルクが再開するのは、2017年4月からアニメの第2期がスタートするからなんです。
    つまり半ば無理やり再開しているわけです。これではいつまた休載になるのか‥‥」(漫画誌ライター)

    だが連載継続に向けてわずかな希望もあるという。
    「Dr.スランプ」や「ドラゴンボール」の鳥山明氏を育てた天才編集者が現在ヤングアニマルを刊行する白泉社の社長になっているからだ。

    「社長は『Dr.マシリト』として作中にも登場していた鳥嶋和彦氏です。
    鳥嶋氏は漫画家にとても厳しく、あの鳥山氏にさえ一度も休載させませんでした。
    ベルセルクの編集に直接携わってはいませんが、彼ならもしかしたら‥‥と淡い期待を抱いてしまいますね。
    ぜひ完結まで三浦氏の尻を叩き続けてほしいものです」(前出・漫画誌ライター)

    連載継続か、それともすぐに休載か‥‥ベルセルクは物語とは違った所でファンをドキドキさせ続けてくれるだろう。

    no title

    http://www.asagei.com/excerpt/77024

    ★1:2017/03/11(土) 18:34:23.25
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489224863/

    引用元: 【漫画】『ベルセルク』が連載再開 天才編集者の豪腕でついに完結へ向かうのか!?★2

    【【朗報】4月のアニメ第二期スタートを背景に「ベルセルク」が連載再開!!!!】の続きを読む

    1: 名無し@エンタ族 2017/03/10(金) 23:02:16.39 ID:CAP_USER9
    「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦が、明日3月11日9時30分よりTBS系列で放送される情報番組「王様のブランチ」に出演する。

    http://natalie.mu/comic/news/224148

    引用元: 【テレビ】荒木飛呂彦が明日「王様のブランチ」に出演、谷原章介にジョジョ裏話

    【【朗報】3月11日9時30分〜「王様のブランチ」に荒木飛呂彦出演!!!】の続きを読む

    1: 名無し@エンタ族 2017/03/05(日) 23:06:05.93 ID:CAP_USER9
    東京・台場に人気アニメ「機動戦士ガンダム」の新しい“実物大立像”が展示されることが5日、分かった。
    「ダイバーシティ東京」(東京都江東区)で同日に行われた「実物大ガンダム立像クロージングセレモニー」で
    発表された。同施設のフェスティバル広場に2012年から5年間設置されてきた実物大ガンダム「RG1/1
    RX78-2ガンダム Ver.GFT」立像の展示はこの日で終了となるが、17年秋を目標に新たにアニメ
    「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」に登場する白いモビルスーツ「ユニコーンガンダム」の実物大立像を
    設置する新プロジェクトを展開する。

    “実物大ガンダム”は09年夏、潮風公園に「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」の一環として登場。
    イベントは52日間で約415万人を動員し大きな話題を呼んだ。その後、「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」に
    「RG1/1 RX-78-2 ガンダム」として、ビーム・サーベルを右手に持った姿で登場。12年春に「RG1/1
    RX-78-2 ガンダム Ver.GFT」として現在の臨海副都心エリアに復活した。

    新立像は、「リアル」をコンセプトに迫力あるガンダムを身近に“体感”できるエンターテインメントとして提供する
    「TOKYOガンダムプロジェクト 2017」の一環として設置。また、同所7階の施設「ガンダムフロント東京」閉館後、
    17年夏からバンダイによる新施設「THE GUMDAM BASE TOKYO」のオープンも決定。国内最大規模の
    「ガンプラ」総合施設として運営していくという。

    この日は、「機動戦士ガンダム」シリーズの生みの親として知られる富野由悠季監督や、バンダイナムコ
    ホールディングスの田口三昭社長、創通の出原隆史副社長、サンライズの宮河恭夫社長らも出席。
    会場には、多くのファンらが駆けつけ、新プロジェクトが発表されると、大きな歓声が湧き起こった。

    富野監督は「一アニメ作品のキャラクターでしかなかったものが、皆さんのお力をいただいて、何かまた次の
    新しいものが作られるのではないのかなということを思わせていただきました。次のガンダムも立ち上がります。
    そして、さらにまた次のガンダムも立ち上がるらしいです。そういうような姿を見せてもらうことで、次の若い世代
    がこういうものを作っていきたいとか、そう思ってもらえるのではと思います。逆にそういうものを提供することが
    できた年寄りとしてはとてもうれしいです」と語っていた。

    http://mainichi.jp/articles/20170305/dyo/00m/200/018000c

    画像
    no title

    引用元: 【アニメ】お台場に新しい“実物大立像”展示、今度は「ユニコーンガンダム」

    【【UC】お台場の新しい実物大ガンダム、次は「ユニコーンガンダム」!!!】の続きを読む

    1: 名無し@エンタ族 2017/02/26(日) 08:37:41.19 ID:CAP_USER9
    3月25日(土)からauの動画配信サービス「ビデオパス」にて、オリジナルコンテンツ「仮面戦隊ゴライダー」が独占配信されることが発表された。
    現在放送中の「仮面ライダーエグゼイド」(毎週日曜朝8:00-8:30、テレビ朝日系)や、3月25日(土)に劇場公開される「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」など、より一層の盛り上がりを見せる「仮面ライダー生誕45周年プロジェクト」。
    本作はその一環として制作される作品だ。

    また、本作には過去の仮面ライダーシリーズで人気を博しながらも散っていったライダーたちが、オリジナルキャストで奇跡の復活。
    「仮面ライダーアギト」('01~'02年)からはアナザーアギト/木野薫(樋口隆則)、「仮面ライダー剣」('04~'05年)から仮面ライダーブレイド/剣崎一真(椿隆之)が出演する。
    さらに「仮面ライダー鎧武/ガイム」('13~'14年)からは仮面ライダーバロン/駆紋戒斗(小林豊)と仮面ライダーマリカ/湊耀子(佃井皆美)、そして、「仮面ライダーエグゼイド」から仮面ライダーレーザー/九条貴利矢(小野塚勇人)が登場する。

    作品は3話構成で展開。
    第1話は「―超スーパーヒーロー大戦」の公開に合わせ3月25日に、2話は4月1日(土)、3話は4月8日(土)に配信予定だ。

    【あらすじ】
    永夢(飯島寛騎)が目覚めると、そこは閉ざされた謎の空間だった。
    そんな永夢の前に次々現れる5人の男女。
    集められた5人の共通点は、かつて死んだ仮面ライダーという事実であった。

    死んだはずの彼らがなぜここにいるのか? 永夢もすでに死んでいるのか? 
    この状況を仕組んだのは誰なのか? 何のために彼らが選ばれたのか? 
    続々と出現する怪人たち! 脱出を阻むわなまたわな! 
    究極のスーパーヒーロー「仮面戦隊ゴライダー」とは何なのか?

    ■写真
    no title

    no title

    no title

    九条貴利矢(小野塚勇人、左から3番目)ら人気ライダーたちが奇跡の復活!
    no title


    http://news.walkerplus.com/article/101896/

    引用元: 【特撮】ライダーと戦隊がついに合体!その名は「仮面戦隊ゴライダー」(写真あり)

    【【朗報】仮面ライダーとスーパー戦隊がついに合体!!!その名も「仮面戦隊ゴライダー」wwwwwwwwww】の続きを読む

    20170223-00010004-otapolz-000-1-view



    1: 名無し@エンタ族 2017/02/23(木) 22:36:10.34 ID:CAP_USER9
    2月13日、株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(以下、SPEJ)と三井物産株式会社(以下、三井物産)は、アニメ事業共同運営会社の設立に合意したと発表した。

     両社は、事業持株会社である「株式会社AK Holdings」(以下、AKH)を設立。これにより、来月3月31日を目途に、SPEJの子会社である「株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン」(以下、アニマックス)および三井物産の子会社である「株式会社キッズステーション」(以下、キッズステーション)は、同合弁会社の傘下となるという。

     アニマックスは、CATVのアニメ専門チャンネル「アニマックス」などを運営し、有料チャンネルとしては国内最大の約864万世帯が加入。一方、キッズステーションも子ども向けアニメ専門チャンネルを運営し、803万世帯が加入している業界屈指の2大アニメ専門チャンネルだ。

     新会社「AKH」では、アニメチャンネル事業を共同運営することを皮切りに、アニメ作品の製作や商品化、さらに映像配信などのアニメに関する様々な事業を日本国内市場だけでなく、世界市場に向けて共同で展開していくとのこと。代表取締役には、SPEJ代表取締役兼テレビジョンネットワーク部門日本代表であり、アニマックス代表取締役を務める滝山正夫氏が就任予定。また、滝山氏は2017年3月31日付でキッズステーションの代表取締役にも就任する予定だという。

     滝山氏は「有料チャンネルで日本最大の加入世帯数を誇るアニマックスと、子ども向けアニメチャンネルの草分け的存在として人気を誇るキッズステーションが共同でアニメ事業を展開できることは、非常に有意義なことです。三井物産とともに日本が誇るアニメを日本国内はもとより、世界中の人々に楽しんで頂けるよう、提供してまいります」とコメント。

     一方の三井物産常務執行役員ICT事業本部長・北森信明氏は、「これまで強化してきたアニメ放送事業を、さらに拡大し、ソニー・ピクチャーズと共に、両社の事業を益々発展させていきます。また、これらチャンネル事業を核として、国内だけでなく、グローバルに様々なアニメ関連事業を展開していく方針です。両社の総合力を活かして、新しいビジネスモデルの開発にも挑戦していきます」と、今後の方針を語っている。

     アニメ専門チャンネル2社の大手が経営統合することで、放送・配信の分野にどのような変化が生じるのか。今後の動向に注目だ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170223-00010004-otapolz-ent

    引用元: 【アニメ】アニメ専門チャンネルの大手2社「アニマックス」と「キッズステーション」が経営統合! 3月に合弁会社を設立

    【アニメ専門チャンネル大手2社「アニマックス」「キッズステーション」が経営統合!3月に合弁会社を設立!!!】の続きを読む

    1: 名無し@エンタ族 2017/02/17(金) 05:10:13.07 ID:CAP_USER9
    『お前はまだグンマを知らない』実写化決定に反響! 主演は神奈川出身・間宮祥太朗!
    2017.2.13
    http://ddnavi.com/news/353065/a/

    『お前はまだグンマを知らない』1巻
    (井田ヒロト/新潮社)
    no title



     群馬県を舞台にした漫画『お前はまだグンマを知らない』が、テレビドラマ&映画で実写化されることが決定した。
    この知らせに「実写化すんのかよ! いいのかよグンマ民www」「実写はビビったがこれは楽しみだ!!」と多くの反響が上がっている。

     同作は、ニッポンのほぼ中央、周囲を山に囲まれ、「ニッポン最後の秘境」「古代グンマー帝国」とある事ない事散々言われている「グンマ」を舞台に、
    転校生・神月が困惑し、翻弄され、そして恐怖に慄く様子を描いている。

     作中には、群馬育ち、群馬をこよなく愛する作者・井田ヒロトの描く群馬あるあるが盛りだくさん。
    例えば、一般的に学校での授業開始のあいさつは「起立、礼、着席」のところ、
    グンマの号令は「起立、注目、礼」。ちなみにこの“注目”の先は、担任、神、となりの人など諸説あるとのこと。

     テレビドラマ&実写映画では、原作者・井田が描いた原作を元にオリジナルストーリーを構築。
    前代未聞のご当地青春ラブコメディーが誕生する。主人公・神月にはドラマ・映画共に神奈川出身の間宮祥太朗をキャスティング。
    神月を間宮が演じるということで「間宮君がグンマーになっちゃう!」「ハイテンションな神月くんに間宮君はめっちゃハマりそう!」という声も。

     この知らせを受けて群馬県民からも「グンマの存在が広まると思うと笑いが止まりませんな」「グンマー民として嬉しいニュースだ~!!」
    「間宮君グンマにいらっしゃい!」と応援の声が続出。その他のキャスト等は後日発表されるとのこと。原作を読みつつ続報を楽しみにしていよう。

    引用元: 『お前はまだグンマを知らない』 まさかの実写化決定 「ニッポン最後の秘境」「古代グンマー帝国」に早くも反響

    【【朗報】『お前はまだグンマを知らない』テレビドラマ&映画で実写化決定wwwwwww】の続きを読む

    sya_



    1: 名無し@エンタ族 2017/02/14(火) 23:09:38.95 ID:CAP_USER9
    人気漫画「シャーマンキング」の作者・武井宏之さんが、同作の再アニメ化の話があったが断っていたことをTwitterで明らかにした。

     断った理由は「前作の声優さんや楽曲が使用できない」ため。再アニメ化を望むファンの声を受けて明らかにした。

     同作は週刊少年ジャンプで1998年~2004年に連載。2001年~2002年にテレビアニメが放送された。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00000115-it_nlab-ent

    引用元: 【アニメ】「シャーマンキング」作者、再アニメ化断っていた 前作の声優・楽曲が使えないため

    【【漫画】武井宏之「シャーマンキング」再アニメ化を「前作の声優・楽曲が使えないなから」と断っていた!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ