エンタ族

    タグ:銀魂

    1: 名無し@エンタ族 2017/08/15(火) 19:04:28.00 0
    映画『銀魂』、公開30日で興行収入30億円突破&ワーナー映画史上関連ツイート件数No.1
    https://rockinon.com/news/detail/165626

    映画『銀魂』が、7月14日の公開初日からちょうど30日目にあたる
    8月12日終了時点で興行収入3,050,803,200円となり、30億円突破となった。
    なお、8月13日終了時点での興行成績は、興行収入3,115,229,700円、動員2,361,321人となっている。

    映画『銀魂』に関するツイート件数は2,857,840件となっており、
    映画公開直近3ヶ月期間対象(5/12~8/10)で、ワーナー映画史上ナンバーワン(ワーナー映画調べ)とのこと。


    夏映画の興行成績

    4.9│10.5│14.5│17.8│19.8|21.1|**.*|忍びの国
    4.2|10.1|15.4|19.2|22.2|25.3|メアリ  
    5.1|12.3│17.2|21.2|25.4|ポケモン(8/9 22.7)
    7.1|17.0|23.0|27.3|31.1|銀魂  ※金曜公開
    0.7|**.*|**.*|**.*| ここさけ
    3.4|*9.4|15.5|膵臓  ※金曜公開
    2,3|*5.4|**.*|東京喰種
    2.2|*5.0|ジョジョ  ※金曜公開
    2.5|仮面ライダー 

    引用元: 天才女優の橋本環奈cがヒロインの「銀魂」がとんでもないことになってる件wwwww

    【橋本環奈効果で「銀魂」がとんでもないことになってる件wwwwwwwww】の続きを読む

    049b5970-ea62-4f10-9b3b-3cca884fbccb-1


    1: 名無し@エンタ族 2017/07/23(日) 08:18:58.38 ID:CAP_USER9
    2017/7/21(金)18:22

    バズプラス Buzz Plus
    人気漫画「GANTZ」の作者であり、高評価を得た映画「GANTZ:O」の原作者でもある奥浩哉先生のTwitterコメントが、インターネット上で大きな注目を集めている。

    ・酷評ともいえる書き込み
    週刊少年ジャンプの漫画作品を原作とする実写映画「銀魂」を奥浩哉先生が鑑賞し、その感想をTwitterに書いたのだが、その内容が酷評ともいえるものだったからである。以下は、奥浩哉先生のコメントの引用である。

    ・奥浩哉先生のコメント
    「映画 銀魂、原作未読ですが観て来ました。大変大盛況で、場内ドッカンうけてました。自分的には福田監督作品だから観たのですが、苦痛過ぎる2時間強でした。世間とのズレを感じました」

    映画 銀魂、原作未読ですが観て来ました。大変大盛況で、場内ドッカンうけてました。自分的には福田監督作品だから観たのですが、苦痛過ぎる2時間強でした。世間とのズレを感じました。

    ― 奥 浩哉 (@hiroya_oku) 2017年7月17日

    ・さすが物語を紡ぐ作家
    酷評ともとれる書き込みでありながら、奥浩哉先生を責める怒りの声は限りなく少ない。それは、奥浩哉先生が誠実に「原作を未読であること」と「世間とのズレを感じたということ」を書いており、単なる批判ではなく、あくまで「原作未読の自分が観た感想」として書いているからである。ファンや原作者を責めたり、悲しませる書き方をしていないのだ。さすが物語を紡ぐ作家である。

    ・かなり苦痛だったようだ
    この件に関して、映画評論家として有名な桃色のガンダルフ先生に話を聞いたところ「映画作品の感想として苦痛という言葉を使った時点で酷評しているといえるでしょう。お金を払って苦痛を買ったということになりますから、よほど酷かったのでしょう」と語っていた。

    http://buzz-plus.com/article/2017/07/21/gintama-gantz-movie/

    ★1の立った日 2017/07/23(日) 02:26:31.60

    ※前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1500744391/

    引用元: 【映画】人気漫画GANTZ作者・奥浩哉先生が映画銀魂を酷評「苦痛過ぎる2時間強でした」★2

    【【悲報】GANTZ作者 奥浩哉が実写版銀魂映画を酷評wwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無し@エンタ族 2017/02/04(土) 11:20:48.48 ID:CAP_USER9
    週刊少年ジャンプで連載中の空知英秋による人気漫画を実写化する映画『銀魂』より、高杉晋助(堂本剛)率いる攘夷過激派武装集団・鬼兵隊のキャラクタービジュアルが初公開された。
    “紅い弾丸“の異名を持つ二丁拳銃の使い手・来島また子を演じる菜々緒は、金髪と素肌を露出させた大胆衣装でキャラにふんしている。

    パラレルワールドの江戸を舞台にした本作。
    鬼兵隊は主人公・坂田銀時(小栗旬)らの前に立ちはだかる敵組織で、特に統領の高杉は原作ファンからの人気が高く、実写版でどのように表現されるのか注目されている。

    そんな鬼兵隊のキャラビジュアルがついにお披露目。
    新井浩文、佐藤二朗、菜々緒、堂本剛が人気キャラになりきった。
    新井がふんしたのは、盲目でありながら居合い切りの達人とされる“人斬り似蔵”こと岡田似蔵。
    険しい表情とあやしく光る刀が独特の空気をかもし出している。
    佐藤は、鬼兵隊の頭脳で冷静沈着かつ変人の武市変平太に。
    外見にはあまり特徴がないが、劇中では個性を発揮していることだろう。

    そして、菜々緒が抜群のスタイルで来島また子を完全再現。
    菜々緒は、また子の「○○ッス」という口調には苦労したそうだが、「何度かお芝居を重ねてくると、口癖になるほど定着しました」と語る。
    個性的な衣装のキャラクターとあって、「不安要素が強かったのですが、一から手作りで繊細に作っていただいて、衣装やウィッグを初めて身に着けた時、これなら、“来島また子”に近づけるかもしれないと感じました。こう見えてけっこう燃えるタイプなので、やるからには頑張ってやらせていただこう! という思いで臨みました」と胸の内を明かした。

    同作のメガホンを取ったのは、「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの福田雄一監督。
    これまでに、銀時(小栗)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)、岡田将生(桂小太郎)、長澤まさみ(志村妙)、ムロツヨシ(平賀源外)という豪華俳優たちによるキャラビジュアルが公開され、その度に大きな話題となっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00000003-flix-movi

    堂本剛(高杉晋助)
    no title

    菜々緒(来島また子)
    no title

    新井浩文(岡田似蔵)
    no title

    佐藤二朗(武市変平太)
    no title


    公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/news/index.html

    橋本環奈(神楽)
    no title

    引用元: 【映画】実写『銀魂』、ついに堂本剛の高杉晋助ら鬼兵隊ビジュアル初公開!菜々緒がヘソ出し&美脚露出 また子を完全再現 

    【【画像】実写『銀魂』、ついに堂本剛の高杉晋助ら鬼兵隊ビジュアル初公開!菜々緒がヘソ出し&美脚露出でまた子を完全再現!】の続きを読む

    1: 名無し@エンタ族 2017/01/30(月) 11:49:49.57 ID:N34Oeeo+0
    えっちだ・・・w
    no title

    引用元: 銀魂の長澤まさみさんがエロいwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    【銀魂の長澤まさみ「お妙さん」なかなかいいとの声wwwwwwwww(画像あり)】の続きを読む

    1: 名無し@エンタ族 2016/12/06(火) 11:44:59.85 ID:ETRjRp//p
    no title

    引用元: 実写版「銀魂」の神楽役の橋本環奈ちゃんがエロ可愛過ぎると話題にwwwwwwwwwwwwwww

    【実写版「銀魂」の神楽役の橋本環奈ちゃんがエロカワで完全に大人神楽wwwwwww(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ